三田市学園・ワシントン村の外構工事

まるで海外のようなワシントン村

ワシントン村とは、アメリカ郊外の邸宅をモデルにした、木造枠組壁構法で設計された洋風建物で街づくりがされており、映画のワンシーンで見たことがあるようなピンクやグリーン、水色などのカラフルでポップな色の外壁の住宅が建ち並んでいる住宅街です。

全てが統一された世界観にデザインされており、三田の綺麗な空気も相まって、異国情緒に包まれています。

一軒一軒の建物が個性的でこだわりがみえ、見ているだけで楽しくなる街並みです。

今回は、そんなワシントン村のお庭仕事を請け負いました。

特にこの時期は紅葉が美しく、現場の風景も絵になりますね。

どんなお庭になるかと、わくわく楽しみな現場でした!

季節の変化を楽しむお庭

環境の美しいワシントン村ということもあり、景観に配慮した計画で、お客様と何回もイメージの擦り合わせを行い、高木の雑木を使い空間の広がりを感じるお庭を意識しました。

ただ、最初から完成したイメージではなく、これから成長しながらお庭も進化していくように考えているので、時期的なこともあり今はまだ少し寂しい印象があるかもしれません。

自然を上手く活かしたデザインであまり人工的に作り込み過ぎていない分、芝生が生え揃う今後が楽しみなお庭になりました。

緑やお花が咲く暖かい季節には、みずみずしく自然に溶け込んだナチュラルな風景になっていることがイメージできます。

またお庭を眺めるだけでなく、春夏秋冬を楽しく過ごせるように鳥が集まれるような仕掛けや季節に応じてお花を楽しんでいただける空間となっています。

天気が良く、気持ちのいい時間にテーブルや椅子を出してきて、お気に入りの紅茶でtea timeを楽しんで頂けるのではないでしょうか。

開放感もあり変化を楽しめるお庭って贅沢ですね。

また、進化していくお庭の今後をご紹介できればと思います!

楽しみにしていてくださいね。

 

・神戸三田の魅力満載!「神戸三田移住計画」 

・with be(ウィズビー)のリノベーションの施工事例はこちら  Gallery